ウィリアムモリスの生地

ウィリアムモリス展でモリス熱が上がり、家のモリスを掘り起こしました♪
どれもサイズが小さいので小物用です。

ウィリアム・モリスとは

      William Morris(ウィリアム・モリス)

1834年~1896年。19世紀イギリスの詩人、デザイナー、マルクス主義者。
「モダンデザインの父」と呼ばれるモリスは中世に憧れて、モリス商会(Morris & Co.)を設立し、インテリア製品や美しい書籍を作り出した(植物の模様の壁紙やステンドグラスが有名)。生活と芸術を一致させようとするモリスのデザイン思想とその実践(アーツ・アンド・クラフツ運動)は各国に大きな影響を与え、20世紀のモダンデザインの源流にもなったといわれる。(wikipediaより)

ウィリアム・モリスはイギリスのデザイナー

モリスは19世紀後半に活躍したイギリスのデザイナーです。ファブリックが有名で、「Strawberry Thief(いちご泥棒)」は見た事がある方も多いのではないでしょうか。

デザインは植物や動物など自然をテーマとした物が多く、それはどれも生命力がありワイルドな自然なのに、品があってラグジュアリーです。と、言うのもモリスは裕福な家庭で育ち、少年時代に過ごした自然豊かなお屋敷での体験が創作に影響したとか。どうりで、どれも上品な訳です。

現在はリバティプリントにモリスデザインの生地があります。しかし、当初は「モリス商会」という会社を設立し、自社販売していました。モリスの死後「モリス商会」は倒産し、その時にリバティ社がモリスのデザインを一部引き継ぎました。現在、モリスデザインの生地はリバティの代表格となっていますね。

「Strawberry Thief(いちご泥棒)」

モリスのこだわり

モリスの活躍した19世紀後半のイギリスは、産業革命で機械化が進み大量生産の時代となっていました。モリスは、機械による大量生産により身の回りの品の美しさが失われてしまったと嘆き、彼自身は手作業や職人の仕事にこだわりました。

モリスの生地で仕立てると他とは違った高級感と独特の雰囲気が出るのは、こうした彼のこだわりがデザインに残っているからなのかもしれませんね。

「Lodden(ロデン)」

モリスと日本

モリスの生きた1834年~1897年、日本では幕末~明治ですね。

1873年のウィーン万博博覧会では、浮世絵や工芸品など日本文化が世界から注目を集め、その中の一つ金唐紙も人気を博しました。モリス展の目玉の一つであった金唐紙の壁紙は、日本の金唐紙の技術×モリスの出会いで誕生したそうです。

展示されていた金唐紙は、お屋敷の壁紙と言った感じでとてもゴージャスでインパクトのあるものでした。岩崎邸でも使われているとか。実際の家で使われているのを見てみたいです。

「Strawberry Thief(いちご泥棒)」

モリスとリバティ社

「リバティ商会」の設立と同年、1875年にモリスは「モリス商会」を立ち上げます。リバティ社のアーサー・ラセンビィ・リバティ―は一回り歳下ですがモリスと交流がありました。同時代に活躍した美意識高い人同士、どんな会話をしたのでしょうか。

前述のとおり、1940年代に「モリス商会」が倒産してからは、リバティ社がモリスのデザインの一部を保有する事になり、1950年後半から販売を始めたそうです。その代表作がStrawberry Thief(いちご泥棒)ですね。

うちのパッチワーク用モリス

画象左から2番目は「菊(Chrysanthemum)」、あとの名前が分かりませんでした。リバティ以上に名前を調べるののが難しいです。どれも植物柄で、鳥や木の実など特徴がないと見分けが付かないです。

画象はなんと20年くらい前に吉祥寺のユザワヤとコットンフィールドで買ったものです。私や妹が小学生の時に母がママ友数名で定期的にパッチワークをしていたのですが、そのメンバーからリバティを教えて貰いモリスとも出会ったそうです。

母がパッチワークを始めたきっかけはアメリカにいた祖母の影響だったので、最初はUSAコットンで作っていました。が、リバティ含めモリスと出会ってからはモリスでもパッチをするようになりました。

コットンフィールドで買ったモリスのキットは当時10枚入(54×25cm)り1000円以下でした。20年前の物価です・・。

モリスデザインの生地は現在、リバティ社と他のメーカーが出している物があります。

nh fleur用のモリスはリバティ社のですが、パッチワーク用はごっちゃになっています。

当店で最近扱ったモリス

 Strawberry Thief(いちご泥棒)

nh fleurでお仕立てしたブラウスです。

数あるリバティプリントの中でもダントツ人気のいちご泥棒。Theモリス!

この生地はカラーバリエーションが多く、当店でも様々な色を扱ってきました。色によってかなり雰囲気が違うのも特徴だと思います。

こちらも実はいちご泥棒。わかる人には分かると思いますが、私も母は分からず。この生地を仕入れる時に「なんだろ?これモリスっぽいね」「鳥がちょっと太ってない?」などと謎の会話を交わしました。

モリス生地はどれも上品で、独特のオーラが凄いのでモリスである事は一発で分かりますが、色が違うと別物に見え、混乱することもしばしばあります。

Lodden(ロデン)

イギリスのロッデン川から名付けられたと思われる生地。

※襟はLucy、モリスではありません。

グリーンとブルーが美しい、リピート柄。花ビラのグリーンのグラデーションが綺麗。

★オーダー承ります。モリスの生地は在庫がある時とない時がありますので、お問い合わせください。

値段は生地やサイズにより異なることがありますがminneの価格を参考に頂ければと思います。
送料はレターパックライト370円orレターパックプラス520円。15,000円以上お買い上げで送料無料。minne以外でのお取引も可能です。

メール(nh.fleur@gmail.com)やインスタ、minneなどからお気軽にお問合せください☆


**お時間がございましたら**
**応援ポチお願いします**

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リバティ生地・リバティ小物へ
にほんブログ村

.。・❁*▫.゜・*⋇▫⊱∗゚:ღ。ღ:゚∗⊰
n✳︎h fleur in ミンネ
ショップはミンネに移店しました。
リバティの通園バッグ等、オーダーも承ります。気になる方はお気軽にご連絡下さい。
nh.fleur@gmail.com
.。・❁*▫.゜・*⋇▫⊱∗゚:ღ。ღ:゚∗⊰

過去のブログです
出品した商品、オーダーで作成した商品等。ご参考までに(*^ω^*)
☆「nh fleur yahooブログ」2009.6〜2011.11
nh fleur2011.11〜2019.4

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です