ミシンのテクニック~糸が絡む~

オーダーの子ども用ワンピースをお仕立てしております。襟にフリルの付いた可愛いワンピースです。

画象は、スカートの部分をギャザーを作りながらミシンで留めて行っている時の物です。目打ち(きりの様な道具)で押さえ、少しづつフリルのギャザーを整えながらミシンを進めていきます。工業用ミシンだとここはババ―ッと縫えるそうですね。母が使っているミシンは家庭用と工業用の中間位の物なのでババーッとは行かず、ギャザーがバランス良くできるように少しづつ慎重に進めます。

糸が絡む・・

当店では主に2017年に購入した「JUKIのエクシードを使用しています。スピードも速く、完全家庭用ミシンと比べ厚い物も難なく縫えるようになり、さらにストレスの元であったボタンホールも楽々でお利巧さんなミシンです。

しかしそれ以前に使っていた物とは使い勝手が違い問題が多発で試行錯誤の繰り返しでした。まず起きたトラブルは糸が絡むという事でした。

もちろん説明書には書いてなく、ネットで調べたりいろいろしているうちに解決しました。

方法は簡単で、「事前に何かを適当な物を縫うという事」。

まずいらない生地などを縫い、そのまま続きで縫いたい物を縫うとうまく行くことが分かりました。縫いたい所に入る時には一度バックして返し縫いをし、いらない部分をカットすればOKです。どうやら自動糸切りが搭載されているのが問題の様です。

お客様の持ち込みの生地を扱う時など生地を傷めかねないので、困っていました。まず、いらない生地で軌道に乗せてから作る、これだけで解決です。糸が絡むのはしょうがない事なのかな。こういった意味では自動糸きり搭載のミシンはあまりお勧めしないです。

ちょっとした事ですが、説明書に書いてないので最初は苦労します。今の時代はネットがあって便利だと母は言っています。

あと、暫く使っていると目が飛んだり、ダマになったりする様になりました。これはボビンの辺りの汚れが原因でした。下を開けるとクズが溜まりフェルト状になっていてビックリ。うちのミシンは1カ月に一度はここを掃除をしないと、汚れで上手く動かなくなります。糸のかけ間違いではなく、何か調子悪いなぁという方はここを掃除すると改善するかもしれないです。

この記事が同じ問題で困っている誰かの役に立てば幸いです。

**お時間がございましたら**
**応援ポチお願いします**

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リバティ生地・リバティ小物へ
にほんブログ村

.。・❁*▫.゜・*⋇▫⊱∗゚:ღ。ღ:゚∗⊰
n✳︎h fleur in ミンネ
ショップはミンネに移店しました。
リバティの通園バッグ等、オーダーも承ります。気になる方はお気軽にご連絡下さい。
nh.fleur@gmail.com
.。・❁*▫.゜・*⋇▫⊱∗゚:ღ。ღ:゚∗⊰

過去のブログです
出品した商品、オーダーで作成した商品等。ご参考までに(*^ω^*)
☆「nh fleur yahooブログ」2009.6〜2011.11
nh fleur2011.11〜2019.4

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です