小学校進学

ウールリッヒの妹の話です。ウールリッヒについてはこちらをどうぞ。

小学校は私と同じ杉並区の公立の小学校に希望し進学しました。

小学校入学までの流れ

入学に向けて最初に相談したのは、私(奈央子の姉)の担任でした。保護者会後に相談し、その場では「わかりました伝えておきます」と一言だけ言われました。

その後、幼稚園年長の秋に行われた就学時検診で教育委員会を紹介され、教育委員会とのやり取りが始まりました。入学の半年前ですね。

教育委員会とのやりとりと並行して校長先生との面談もありました。校長先生からは「決定権は教育委員会にありますが、ぼくは奈央子さんが学校に来るのを楽しみにしていますよ。」と前向きなお言葉を頂きました。そして、「希望通り当学校の普通学級に進学するには、教育委員会から言われた事は全て受け入れその通りにするのがポイントです。」とアドバイスまでして下さりました。

教育委員会からは光明養護など幾つかの養護学校を見学する様に言われたので、全て周りました。全てまわった後、校長先生にどうだったか聞かれたので「全て見学しましたが、奈央子には地元の公立の小学校が一番合っていると思います。」と伝えたところ、教育委員会に話が行き年内に希望通り私と同じ小学校への進学が決まりました。

教育委員会、小学校での話し合いで母が伝えたのは次の2点です。母が1日中付き添いでも何でもするという事、そして体育など出来ない事は出来なくて良いので出来る事を磨かせたいという事です。

入学式の写真です。簡単な移動は腕の力でできました。

入学にむけて

入学式の1週間程前に学校に呼ばれ、最初に相談した私の担任が妹の初年度の担任に決まったと告げられました。その先生は自分から担任を引き受けると言って下さったそうです。寡黙な先生ですが、保護者会で初めて相談した時から動いて下さっていました。

年明けに私の小学校のママ友十名以上がうちに集まり、妹の小学校生活の対策会議を開催したそうです( 笑)会議では、奈央子がいかに皆と同じように生活できるかという事を話し合いました。親同士が団結し理解をする事が大事だね、という話になったそうです。そして有難い事に会議のメンバーの一人がPTAの会長を引き受けて下さりました。

入学式当日、車で初登校すると教頭先生が駐車場で立って待っていて、優しい歓迎の言葉をかけて迎えて下さりました。そこで奈央子は、小学校はきっとすごく楽しい場所なんだろうと思ったそうです。

学校側からは妹のクラスは常に1階にすると提案がありましたが、それはこちらでフォローすると遠慮した所、学年の途中で昇降機を導入して下さいました。杉並区の小学校にはいくつか昇降機があり、使っていない学校から回してもらったそうです。スロープは春休み中に用意されいていて、初めて登校した日から車いすで不自由なく移動できるようになっていました。

普通学級進学を希望し不安が多い中、様々な方の優しい気づかいのお陰でスムーズに小学校生活をスタートさせる事ができました。




入学式に感じた予感どおり小学校生活はとても楽しかったそうです。

ウールリッヒや近い障害を抱えている本人、ご家族の参考になれば幸いです。

*奈央子のウールについて書いていたブログはこちらです「今できること

*ウールの患者会「ウールリッヒ型筋ジストロフィー患者会 UCMDの会

**お時間がございましたら**
**応援ポチお願いします**

にほんブログ村 ハンドメイドブログ リバティ生地・リバティ小物へ
にほんブログ村

.。・❁*▫.゜・*⋇▫⊱∗゚:ღ。ღ:゚∗⊰
n✳︎h fleur in ミンネ
ショップはミンネに移店しました。
リバティの通園バッグ等、オーダーも承ります。気になる方はお気軽にご連絡下さい。
nh.fleur@gmail.com
.。・❁*▫.゜・*⋇▫⊱∗゚:ღ。ღ:゚∗⊰

過去のブログです
出品した商品、オーダーで作成した商品等。ご参考までに(*^ω^*)
☆「nh fleur yahooブログ」2009.6〜2011.11
nh fleur2011.11〜2019.4

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です